カギセンター片平のつぶやき☆鹿児島でカギのことならお任せください!!

カギセンター片平の日常と、お役に立つ情報をお伝えしていきたいと思います。 ホームページもリニューアルしました。 是非、のぞいて見てくださいね!

タグ:鹿児島


32D723D6-D3B1-4AEF-85E2-67C4F9652BAB


67385570_2370590733184347_5190688785779654656_n.png

『今を大切にしょう』

自分がしてきたことの結果が

今の人生を作って


今することの積み重ねが

未来を作り出していく

だから

どうなるかわからない先のことに

心を痛めるより

もうすんでしまったことを

悔しがるより

刻々と移り変わることがらを受けいれて

今を楽しんで生きてくことが

いっちばん、大事!


胸躍る未来のためにも

貴重な今を大切にしょう。

私たちの生きているこの世で起きることには

すべて原因がある

これが「因」です。

起こった結果が「果」です。

因果応報というように

必ず結果はくるのです。

躍る未来のためにも

貴重な今を大切にしょう。

私たちの生きているこの世で起きることには

すべて原因がある

これが「因」です。

起こった結果が「果」です。

因果応報というように

必ず結果はくるのです。

(瀬戸内寂聴)

 
32D723D6-D3B1-4AEF-85E2-67C4F9652BAB

32D723D6-D3B1-4AEF-85E2-67C4F9652BAB


北野武


親から金をもらうのが当然のことのように

思っている。

親もまた、ねだられれば、

子供にすぐ小遣いをやる。

だから我慢ということを知らない。

その上、みんなで意見を言いましょうなんて

とんでもないよ…

昔は「 嫌なら止めろ 」だったんだ。

「 まずきゃ食うな 」とかさ。

だから、あらゆることで下品なやつばかり

増えたんだ。

品の良さっていうのは、とりあえず腹に

収めちゃうっていうことだろう。

まずいなと思っても、ちゃんと食って、

それでもほんとにまずいなら、

食わないってことだけだった。

それが、いろんな難癖を付けるようになった。

なまじの中流ってのほど下品なものはないね。

金があると下品なことをやりたがる。

金さえ出せば手が届くように見えるのには、

我慢できずにすぐに手を出してしまうんだ。

要するに、中流の奴らが金で品を買おうと

して、いろんなブランド商品を買っていきて

自分に品をつけようとした。

それは大きな間違いだったんだ。

買うんじゃなくて、

買わないことでしか品は得られない。

修理した車だとか、修理した靴だとか。

修理品を持っていて、なおかつそれなりの

雰囲気を持たない限り、

日本はいつまでたっても文化的には、

立ち遅れたままだな。

車を買いかえなかったりすれば、

経済は停滞するだろうけど、

品だけはかっちり出る。

引用:ビートたけし

「 みんな自分がわからない 」

32D723D6-D3B1-4AEF-85E2-67C4F9652BAB


60D84E6C-345F-4302-BE8E-D48A37DF32E5

一人のお母さんから、とても大切なことを教えられた経験があります。
そのお宅の最初に生まれた男の子は、高熱を出し、知的障害を起こしてしまいました。
次に生まれた弟が二歳のときです。  
ようやく口がきけるようになったその弟がお兄ちゃんに向かって、こう言いました。

「お兄ちゃんなんてバカじゃないか」

お母さんは、はっとしました。
それだけは言ってほしくなかった言葉だったからです。
そのとき、お母さんは、いったんは弟を叱ろうと考えましたが、思いなおしました。
弟にお兄ちゃんをいたわる気持ちが芽生え、育ってくるまで、
長い時間がかかるだろうけど、それまで待ってみよう。

その日から、お母さんは、弟が兄に向かって言った言葉を、
自分が耳にした限り、毎日克明にノートにつけていきました。
そして一年たち、二年たち・・・しかし、相変わらず弟は、
「お兄ちゃんのバカ」としか言いません。
お母さんはなんべんも諦めかけ、叱って、
無理やり弟の態度を改めさせようとしました。
しかし、もう少し、もう少し・・・と、
根気よくノートをつけ続けました。

弟が幼稚園に入った年の七夕の日、
偶然、近所の子どもや親戚の人たちが家に集まりました。
人があまりたくさん来たために興奮したのか、
お兄ちゃんがみんなの頭をボカボカとぶちはじめました。

みんなは 「やめなさい」 と言いたかったのですが、
そういう子であることを知っていましたから、言い出しかねていました。
そのとき、弟が飛び出してきて、お兄ちゃんに向かって言いました。
「お兄ちゃん、ぶつならぼくだけぶってちょうだい。ぼく、痛いって言わないよ」
お母さんは長いこと、その言葉を待っていました。

その晩、お母さんはノートに書きました。
「ありがとう、ありがとう、ありがとう、ありがとう、ありがとう・・・」
ほとんど無意識のうちに、ノートの終わりのページまで鉛筆でぎっしり、「ありがとう」を書き連ねました。

やがて弟は小学校に入学しました。
入学式の日、教室で初めて席が決められました。
ところが弟の隣に、小児マヒで左腕が不自由な子が座りました。
お母さんの心は動揺しました。
家ではお兄ちゃん、学校ではこの友だちでは、
幼い子に精神的負担が大きすぎるのではないかと思ったからです。

その夜、ご主人と朝まで相談しました。
家を引っ越そうか、弟を転校させようかとまで考えたそうです。
結局、しばらく様子を見てから決めようということになりました。

学校で最初の体育の様子を見てから決めようということになりました。
学校で最初の体育の時間のことです。
受持ちの先生は、手の不自由な子が体操着に着替えるのを放っておきました。
手伝うのは簡単ですが、
それより、一人でやらせたほうがその子のためになると考えたからです。

その子は生まれて初めて、やっと右手だけで体操着に着替えましたが、
そのとき、体育の時間はすでに三十分も過ぎていました。
二度目の体育の時間のときも、先生は放っておきました。
すると、この前は三十分もかかったのに、
この日はわずかな休み時間のあいだにちゃんと着替えて、
校庭にみんなと一緒に並んでいたのです。

どうしたのかなと思い、次の体育の時間の前、
先生は柱の陰からそっと、その子の様子をうかがいました。
すると、どうでしょう。
前の時間が終わるや、あの弟が、
まず自分の服を大急ぎで着替えてから、
手の不自由な隣の席の子の着替えを手伝いはじめたのです。
手が動かない子に体操着の袖を通してやるのは、
お母さんでもけっこうむずかしいものです。
それを、小学校に入ったばかりの子が一生懸命手伝ってやって、二人ともちゃんと着替えてから、
そろって校庭に駆け出していったのです。

そのとき、先生は、よほどこの弟をほめてやろうと思いましたが、
ほめたら、「先生からほめられたからやるんだ」というようになり、
かえって自発性をこわす結果になると考え、心を鬼にして黙っていました。
それからもずっと、手の不自由な子が体育の時間に遅れたことはありませんでした。

そして、偶然ながら、また七夕の日の出来事です。
授業参観をかねた初めての父母会が開かれました。
それより前、先生は子どもたちに、短冊に願いごとを書かせ、
教室に持ち込んだ笹に下げさせておきました。
それを、お母さんが集まったところで、先生は一枚一枚、読んでいきました。

「おもちゃがほしい」、「おこづかいをもっとほしい」、「じてんしゃをかってほしい」・・・。
そんないかにも子どもらしい願いごとが続きます。
それを先生はずっと読んでいくうちに、こんな言葉に出会いました。

「かみさま、ぼくのとなりの子のうでを、はやくなおしてあげてくださいね」
言うまでもなく、あの弟が書いたものでした。
先生はその一途な願いごとを読むと、もう我慢ができなくなって、
体育の時間のことを、お母さんたちに話して聞かせました。

小児マヒの子のお母さんは、
我が子が教室でどんなに不自由しているだろうと思うと気がひけて、
教室に入ることもできず、廊下からそっとなかの様子をうかがっていました。
しかし、先生のその話を聞いたとたん、廊下から教室に飛び込んできて、
床に座り込み、この弟の首にしがみつき、涙を流し、頬ずりしながら絶叫しました。

「ありがとう、ありがとう、ありがとう、ありがとう、ありがとう、ありがとう・・・・・」
その声がいつまでも学校中に響きました。

-----(Facebook)


32D723D6-D3B1-4AEF-85E2-67C4F9652BAB


1497FFCC-870D-4CA6-8262-51127E7A1DFB


なぜか隣にいてくれる

大切な人に文句をいったり。

なぜかそばにいる

仲間の失敗を咎めたり。

なぜか努力してきたはずの

自分を責めたり詰ったり。

ほんとは

味方のはずなのに

なぜか内輪でモメて

もっと先の、もっと遠くの

もっと自分にとって

大切なはずのものを

煙にまいてしまうような。

なんのために

その仕事をしてるのか。

なんのために

一緒に暮らしているのか。

なんのために

その勉強をしているのか。

なんのために

表現をしつづけているのか。

なんのために

生きていきたいのか。

なんのため、

あるいは

だれのため、

かもしれませんが、

局地的に

ものを見すぎるあまりに

本末転倒な

いざこざに終止してしまうのって

もったいないから

やっぱり

本来大切にしたいものへ

本当にたどり着きたい目的地へ

ひたむきに、挑みたいものです。

できれば、

いっしょに。

いちばん遠くを

思い出せたら

わかりあえるはずだから。

(Facebook)


熱帯低気圧が令和初の台風になりそうですね。
梅雨なのに、雨があまり降らないな〜〜と思っていたら、いきなり台風のお知らせ💨

いろいろな令和初があるけれど、これは別になくってもねぇ…と思ってしまいます。

何事もなく通り過ぎて欲しいものです! 


32D723D6-D3B1-4AEF-85E2-67C4F9652BAB
 

このページのトップヘ