カギセンター片平のつぶやき☆鹿児島でカギのことならお任せください!!

カギセンター片平の日常と、お役に立つ情報をお伝えしていきたいと思います。 ホームページもリニューアルしました。 是非、のぞいて見てくださいね!

タグ:防犯


60D84E6C-345F-4302-BE8E-D48A37DF32E5

一人のお母さんから、とても大切なことを教えられた経験があります。
そのお宅の最初に生まれた男の子は、高熱を出し、知的障害を起こしてしまいました。
次に生まれた弟が二歳のときです。  
ようやく口がきけるようになったその弟がお兄ちゃんに向かって、こう言いました。

「お兄ちゃんなんてバカじゃないか」

お母さんは、はっとしました。
それだけは言ってほしくなかった言葉だったからです。
そのとき、お母さんは、いったんは弟を叱ろうと考えましたが、思いなおしました。
弟にお兄ちゃんをいたわる気持ちが芽生え、育ってくるまで、
長い時間がかかるだろうけど、それまで待ってみよう。

その日から、お母さんは、弟が兄に向かって言った言葉を、
自分が耳にした限り、毎日克明にノートにつけていきました。
そして一年たち、二年たち・・・しかし、相変わらず弟は、
「お兄ちゃんのバカ」としか言いません。
お母さんはなんべんも諦めかけ、叱って、
無理やり弟の態度を改めさせようとしました。
しかし、もう少し、もう少し・・・と、
根気よくノートをつけ続けました。

弟が幼稚園に入った年の七夕の日、
偶然、近所の子どもや親戚の人たちが家に集まりました。
人があまりたくさん来たために興奮したのか、
お兄ちゃんがみんなの頭をボカボカとぶちはじめました。

みんなは 「やめなさい」 と言いたかったのですが、
そういう子であることを知っていましたから、言い出しかねていました。
そのとき、弟が飛び出してきて、お兄ちゃんに向かって言いました。
「お兄ちゃん、ぶつならぼくだけぶってちょうだい。ぼく、痛いって言わないよ」
お母さんは長いこと、その言葉を待っていました。

その晩、お母さんはノートに書きました。
「ありがとう、ありがとう、ありがとう、ありがとう、ありがとう・・・」
ほとんど無意識のうちに、ノートの終わりのページまで鉛筆でぎっしり、「ありがとう」を書き連ねました。

やがて弟は小学校に入学しました。
入学式の日、教室で初めて席が決められました。
ところが弟の隣に、小児マヒで左腕が不自由な子が座りました。
お母さんの心は動揺しました。
家ではお兄ちゃん、学校ではこの友だちでは、
幼い子に精神的負担が大きすぎるのではないかと思ったからです。

その夜、ご主人と朝まで相談しました。
家を引っ越そうか、弟を転校させようかとまで考えたそうです。
結局、しばらく様子を見てから決めようということになりました。

学校で最初の体育の様子を見てから決めようということになりました。
学校で最初の体育の時間のことです。
受持ちの先生は、手の不自由な子が体操着に着替えるのを放っておきました。
手伝うのは簡単ですが、
それより、一人でやらせたほうがその子のためになると考えたからです。

その子は生まれて初めて、やっと右手だけで体操着に着替えましたが、
そのとき、体育の時間はすでに三十分も過ぎていました。
二度目の体育の時間のときも、先生は放っておきました。
すると、この前は三十分もかかったのに、
この日はわずかな休み時間のあいだにちゃんと着替えて、
校庭にみんなと一緒に並んでいたのです。

どうしたのかなと思い、次の体育の時間の前、
先生は柱の陰からそっと、その子の様子をうかがいました。
すると、どうでしょう。
前の時間が終わるや、あの弟が、
まず自分の服を大急ぎで着替えてから、
手の不自由な隣の席の子の着替えを手伝いはじめたのです。
手が動かない子に体操着の袖を通してやるのは、
お母さんでもけっこうむずかしいものです。
それを、小学校に入ったばかりの子が一生懸命手伝ってやって、二人ともちゃんと着替えてから、
そろって校庭に駆け出していったのです。

そのとき、先生は、よほどこの弟をほめてやろうと思いましたが、
ほめたら、「先生からほめられたからやるんだ」というようになり、
かえって自発性をこわす結果になると考え、心を鬼にして黙っていました。
それからもずっと、手の不自由な子が体育の時間に遅れたことはありませんでした。

そして、偶然ながら、また七夕の日の出来事です。
授業参観をかねた初めての父母会が開かれました。
それより前、先生は子どもたちに、短冊に願いごとを書かせ、
教室に持ち込んだ笹に下げさせておきました。
それを、お母さんが集まったところで、先生は一枚一枚、読んでいきました。

「おもちゃがほしい」、「おこづかいをもっとほしい」、「じてんしゃをかってほしい」・・・。
そんないかにも子どもらしい願いごとが続きます。
それを先生はずっと読んでいくうちに、こんな言葉に出会いました。

「かみさま、ぼくのとなりの子のうでを、はやくなおしてあげてくださいね」
言うまでもなく、あの弟が書いたものでした。
先生はその一途な願いごとを読むと、もう我慢ができなくなって、
体育の時間のことを、お母さんたちに話して聞かせました。

小児マヒの子のお母さんは、
我が子が教室でどんなに不自由しているだろうと思うと気がひけて、
教室に入ることもできず、廊下からそっとなかの様子をうかがっていました。
しかし、先生のその話を聞いたとたん、廊下から教室に飛び込んできて、
床に座り込み、この弟の首にしがみつき、涙を流し、頬ずりしながら絶叫しました。

「ありがとう、ありがとう、ありがとう、ありがとう、ありがとう、ありがとう・・・・・」
その声がいつまでも学校中に響きました。

-----(Facebook)

32D723D6-D3B1-4AEF-85E2-67C4F9652BAB




BBD2BD10-27BB-455B-AFC7-411F66BBC1F8


どうしても避けられないリズムがある


避けようとしても避けられなくて


変えようとしても変えられなくて

苦しいこともあるかも知れない

過ぎ去ることまで出来ることをすれば

グチや不満を言ったり批判したり

後ろ向きな言葉を使わないこと

誰かをほめたり感謝したり

前向きな言葉を使うこと



運命で定められた運もあるけど

生き方で変えられる運もある

(Facebook )

梅雨入りしましたね…

まだ、雨続きって感じでもないですが…
これからは蒸し暑さとの闘いになってきますね。

さあ、これからどうやってこの夏を乗り切るか?ですね。

水分補給、休養、睡眠をキチンととる…
無理をせずにこれからの暑さと上手に付き合っていきたいものですね!

 
 
32D723D6-D3B1-4AEF-85E2-67C4F9652BAB

だっこ

「だっこのしゅくだい」

せんせいが、「きょうのしゅくだいは、だっこです。

おうちの人みんなにだっこしてもらってね」といいました。

ぼくもみんなも「ええーっ」とびっくりしました。

だって、だっこのしゅくだいなんて、はじめてだからです。

なんかはずかしいとおもいました。

でも、うれしかったです。

いそいでいえにかえりました。

いえにかえって、すぐ、おかあさんに、

「だっこがしゅくだいにでたんよ。

しゅくだいじゃけえ、
だっこして」と小さいこえでいいました。

おかあさんは「へえ、だっこのしゅくだいでたん?」とびっくりしました。

でも、すぐ「いいよ」とにっこりしていってくれました。

おかあさんはすわって、ぼくをひざにのせて、りょう手できゅうっとだきしめてくれました。

おかあさんのからだはぬくかったです。

だっこしてもらっていたら、ぼくのからだもぬくくなりました。

ぼくが「おうちの人みんなにだっこしてもらわんといけん」といったら、

おかあさんがちっちゃいばあちゃんに「だっこしてやって」といってくれました。

ちっちゃいばあちゃんはわらって「おいで」といって、だっこしてくれました。

そして、「大きゅうなったねぇ」といってくれました。

つぎは大きいばあちゃんにだっこしてもらいました。

大きいばあちゃんはぼくをだっこして「おもとうなったのう」といってくれました。

さいごはおとうさんでした。

おとうさんはいきなりりょう手でぼくのからだをもちあげて、どうあげをしてくれました。

ぼくのからだはくうちゅうにふわっとうかんで、きもちよかったです。

おとうさんはぼくをゆっくりおろして、ぎゅっとだきしめてくれました。

おとうさんのからだはぬくかったです。

ぼくはまたしてもらいたいとおもいました。

だっこのしゅくだいがでたから、かぞくみんなにだっこしてもらいました。

さいしょははずかしかったけど、きもちよかったです。

だっこのしゅくだい、またでたらいいなとおもいました。

引用元: (孤独になる前に読んでおきたい10の物語 講談社)

------------------

これは、ある小学校1年生の子の作文です。

こんな、「しゅくだい」が出たら嬉しいですよね。

先生も上手いことを思いつきましたね。

人と人との繋がりが薄れる中、この「だっこのしゅくだい」は、とても大切なものだと思いました。

ぬくもりを肌で感じれますからね。

読むだけで心が温かくなった気がします。



32D723D6-D3B1-4AEF-85E2-67C4F9652BAB

32D723D6-D3B1-4AEF-85E2-67C4F9652BAB




B15408F0-31FE-4841-930C-203EEC085A90


●2019.5.5 日曜日 壬寅(みずのえ・とら)仏滅
〜 子供を導く 〜

子供が道に迷っている。その時まず光をつけてやること。それで道が照らされる。
その道の中で何(いず)れが正しいか。これをたのしく教える。その道を通るように手引きする。
これが賢明な親のやり方であろう。

いかなる場合でも心を開く。まず自分の心に光をつけること。
相手を明るく照らして道を教えることが大切である。

●2019.5.6 月曜日 癸卯(みずのと・う)大安
〜 親のよろこび 〜

親は子供から拝まれることはうれしい。然(しか)しもっとうれしいことは子供を拝みたい心をもちたい。
子供が育つ。次第に正しい道理も分かる。
情熱をもって自分のつとめをたのしんでくれる。
心も明るく。広く。すなおであったら、親はよろこぶ。よく育ってくれたと安心する。
むしろ子供の後ろ姿を拝みたくなる。
これが本当の親のよろこびではあるまいか。

常岡一郎 一日一言 〜 運命をひらく言葉 〜より

32D723D6-D3B1-4AEF-85E2-67C4F9652BAB

 

32D723D6-D3B1-4AEF-85E2-67C4F9652BAB


287C12E8-6B72-45B6-8877-186BFA5DE9B7


昨年お世話になったお客様…

防犯カメラをつけさせていただきました。

家の中に居ながら、外を通る人や来客がわかると言ってとても喜んでいただきました。


鹿児島でも、個人のお宅で防犯カメラをつける方が増えているように思います。

玄関先から外の通りに向って…

家の方に入ってくる人や車があると音でお知らせして、カメラに画像が映ります。

お客様が玄関チャイムを鳴らす前に来客がわかります。

画像でわかるので、誰が来たかまではっきりとわかります。

セールスなどだったら、すぐに対策できますね。

夜とか体調が悪い時など、人に会いたくない時っていうのも誰にでもあると思います。

そういう時にセールスとか…あらかじめ分かると対応も楽です。

また、家の中から、車庫や倉庫が見えない方にも喜んでいただいております。

家の中にいたのに、自分の家の車庫や倉庫のものがなくなっていた。

よその子どもが入り込んで車に傷がついた…などの話も聞きます。

カメラがあるだけで、防犯効果はぐっと高まります。

知人の話ですが、近所で事件があったとき、警察の方が代わる代わる何回も来られ、
「お宅の防犯カメラ、提出してもらえないだろうか??」とお願いされたそうです。

その度に
「すみません💦うちのカメラ、ダミーなので何も映ってないです💦💦」
そう言ってなんども警察の方にお詫びするハメになったんだとか…


ダミーでも効果があるという人もいますが、実際何かあった時にはダミーは何も記録していてはくれません。犯人検挙も難しくなりますね!

やはり本物のカメラをつけた方が安心して過ごせます。

防犯カメラもいろいろな種類があります。
設置場所などの条件にあう商品をご提案いたします。

 お見積もいたします。ご相談ください。
 
32D723D6-D3B1-4AEF-85E2-67C4F9652BAB
 

このページのトップヘ