カギセンター片平のつぶやき☆鹿児島でカギのことならお任せください!!

カギセンター片平の日常と、お役に立つ情報をお伝えしていきたいと思います。 ホームページもリニューアルしました。 是非、のぞいて見てくださいね!

タグ:サッシ


32D723D6-D3B1-4AEF-85E2-67C4F9652BAB


1497FFCC-870D-4CA6-8262-51127E7A1DFB


なぜか隣にいてくれる

大切な人に文句をいったり。

なぜかそばにいる

仲間の失敗を咎めたり。

なぜか努力してきたはずの

自分を責めたり詰ったり。

ほんとは

味方のはずなのに

なぜか内輪でモメて

もっと先の、もっと遠くの

もっと自分にとって

大切なはずのものを

煙にまいてしまうような。

なんのために

その仕事をしてるのか。

なんのために

一緒に暮らしているのか。

なんのために

その勉強をしているのか。

なんのために

表現をしつづけているのか。

なんのために

生きていきたいのか。

なんのため、

あるいは

だれのため、

かもしれませんが、

局地的に

ものを見すぎるあまりに

本末転倒な

いざこざに終止してしまうのって

もったいないから

やっぱり

本来大切にしたいものへ

本当にたどり着きたい目的地へ

ひたむきに、挑みたいものです。

できれば、

いっしょに。

いちばん遠くを

思い出せたら

わかりあえるはずだから。

(Facebook)


熱帯低気圧が令和初の台風になりそうですね。
梅雨なのに、雨があまり降らないな〜〜と思っていたら、いきなり台風のお知らせ💨

いろいろな令和初があるけれど、これは別になくってもねぇ…と思ってしまいます。

何事もなく通り過ぎて欲しいものです! 


32D723D6-D3B1-4AEF-85E2-67C4F9652BAB
 

32D723D6-D3B1-4AEF-85E2-67C4F9652BAB

AFC1E8D3-954E-4A45-ADF8-E8203C289BC0

小学校の現場に入らせていただきました。

廊下で作業をしていると時々「何やってるんですか?」と子供達が話しかけて来てくれます。

あまり近くに寄って来られると危ないといけないので、こちらも道具などに気をつけながら「今ね、サッシ工事をしているの」と短く返事をしたりします。

男の子などは道具や作業の様子を興味深そうに見ています。

そんな中で、廊下を通り過ぎていく子供達が口々に

「こんにちは!」
「ありがとうございます!」

中には

「頑張ってください!」
って激励?してくれる子も😁

仕事をさせていただきながら、気持ちのよい挨拶はとてもうれしく思いました。

子供達が快適な学校生活を送れますように!と思いながら精一杯作業させていただきました😃

32D723D6-D3B1-4AEF-85E2-67C4F9652BAB


32D723D6-D3B1-4AEF-85E2-67C4F9652BAB


サリバン先生



(「いっぷくからのありがとう」より抜粋)

何も見えず、何も聞こえず、何も話せない…完全な闇…

三重苦という思い障害を持ちながら、アニー・サリバンという最高の教師の力を得て、目覚め、成長し世の中の福祉に貢献したヘレンケラー。

彼女の存在が、

どれほど世界中の人に

愛の力をおよぼしたか、

 

どれほど多くの人々を救ったか、

 

ですが、

このお話は、そのヘレンケラーのことではなく、

 

ニュー・イングランドにある精神病院で働く

 

名も知れぬ、

普通のお掃除のおばさんのお話なのです。


彼女の働く病院の地下室には、

 

「緊張型精神分裂病」と診断された

 

10歳の少女の患者がいました。

何に対しても、反応を示さず、ただ暗い地下室のベットに、うずくまっているだけ。

 


少女は、もう回復の見込みはないと考えられていました。


世界から見放され、
一言も話すことなく、

 

胎児のように、丸まったまま、

 

決して動こうとはしなかったのです。


以前はとても可愛らしい少女だったのですが、

 

いまや、日々やせ衰えていくばかり。

 

彼女は、そんな少女の個室のまわりを、毎日掃除をしに、やってきました。



そして、ドアの下のすきまから、食事をホウキの柄で、中に押し込みます。


彼女にも同じくらいの歳の娘がいたせいか、少女を不憫に思いますが・・


そこはただの掃除婦、
何もしてあげることはできません。


そこで彼女は、せめてそこを去る前に、うずくまる少女の肩を

 

ホウキの先で、そっとつついてあげることにしました。


「ねえ、あなたは一人じゃないんだよ! 


少なくとも、ここにあなたを気にかけている人間がいるんだよ」

 

そういう思いを、伝えたかったのです。

掃除のおばさんには、
この程度のことしかできませんでした。


ほんの小さな愛の実践です。


ホウキの先ほどの・・・



そんなことしかできませんでした。

でも、その程度のことしかできなくても、
ただただ、伝えたかったのです。




だから、くる日もくる日も、

 

彼女はホウキの先で、その少女を、優しくつつき続けました。


そして、何週間か経ったある日のこと、

 

小さな変化が起こりました。ただ死を待つばかりだった少女が、

 

なんと自分の手で食事を受け取るようになったのです。


さらに時が経つにつれ、

 

少女は座ることもできるようになり、

 

掃除婦のおばさんと話をすることまで、

 

できるようになったのです!

 
こんなことって、ありえるのでしょうか?


偉いお医者たちでも,完全にお手上げだったのに?


こうして少女は、
やがて奇蹟ともいえる回復をとげることができたのです。



それから何年か経った、あるうららかな春の日。



その精神病院の院長は、

 

アラバマ州のひとりの紳士から、ある依頼を受けました。


その紳士のお子さんが重度の障害児で、
世話をしてくれる人を探しているというのです。


その頃、あの奇跡的な回復をとげた少女は、20歳を過ぎていました。


院長は、自信をもって、その彼女を、紳士に紹介しました。


彼女の名は、アニー・サリバン。

 


そう,

ヘレン・ケラーの偉業を生みだした教師です!



地下室で、ただ死を待つしかなかった、
あの少女です。


それは 小さな種だけど、小さきものが、種となりて、

 

多くの豊かな愛の花を咲かせている,その有名な人の、

 

その元の元になるお方が、名も無きお人が、きっといる。 


ヘレン・ケラーを世に出さしめた
アニー・サリバン女史。


そのアニーサリバン女史を世に送ったのは、

 

なんと一本のほうきで愛を伝えた、掃除のおばさんでした。

 

 
サリバン先生の大きな愛により、

 

ヘレンは,症状は改善することがなくとも、

 

人生に希望を見出し、自分の中に、神様を見つけたのでした。



そして、そのサリバン先生が、「緊張型精神分裂病」という病気で、

 

暗い地下室で一人隔離されていた時に、愛を届けてくれたのが

 

一人の掃除のおばさんだったのです。

 小さな小さな身近な思いやり。

 

愛が、大きな大きな愛に育ちました。

 


その結果、沢山の方が光に包まれました。

神様に触れることができました。

もちろんヘレンやサリバン先生の強い精神の力もあったことでしょう。



 ですが彼女たちは、一時は見捨てられ、

 

絶望の淵の死の間際に居たのです。


そこに神様の息吹を吹き込んだのは、

 

1本のホウキによる小さな、小さな愛でした。


 

32D723D6-D3B1-4AEF-85E2-67C4F9652BAB

 







【勇気が出る44の言葉】

1.望む現実を創るとは、望む自分を創ること

2.全ての壁は、自分の内にある

3.できるかできないかではなく、自分の期待に応えられる自分になる

4.やる人は「時間」を作り、やらない人は「理屈」を作る

5.他人の期待ではなく、自分の期待に応えられる自分になる

6.現状維持より冒険を選ぼう

7.他人を変える一番良い方法は自分を変えること

8.転ぶ人ほど転び方が分かる

9.自分の苦しだ経験が他人の役に立つ

10.「辛」+「-」=『幸』

11.人は、賛成意見に勇気づけられ、反対意見で成長する

12.最大のピンチは最大のチャンス

13.大変とは大きく変わること

14.樹木はうえに伸びる前に下に伸びる

15.うまくやるより本気でやる

16.できない理由はできる理由

17.楽な日々は過ぎ去る、充実した日々は積み重なる

18.最も空しい人生とはすべてが思い通りになる人生である

19.辛いから逃げるのではなく、逃げるから辛くなる

20.人間関係とは、他人を通して
   自分自身との付き合い方を学ぶ機会

21.嘘をつくことの最大の欠点は
   あなたが人から信じてもらえなくなることではなく
   あなたが人を
   誰ひとり信じられなくなること

22.人は欲しいものではなく
   自分と同じものを引き寄せる

23.だから素敵な恋人を求める前に、素敵な自分になろう

24.愛してもらおうとする前に愛する人になろう

25.劣等感を生むのではなく、劣等感が劣等を生み出す

26.自分の短所を受け入れるとき
   自分らしさという魅力が生まれる

27.幸せは得るものではなく気付くもの

28.何をするかよりなぜするのか

29. 二度と会えないと思って相手の話を聞こう

30.大切なものほど身近にある

31.相手にくだす価値観はすべて自分に対する価値判断

32.何が起こったではなく
   起こったことに対しあなたがどうするか

33.不平不満の多い人というのは
   「ただ感謝が足りない」だけ

34.幸せだから感謝するのではなく
   感謝するから幸せに感じる

35.幸と不幸は表裏一体
   独立しては存在しない

36.「できない」苦しみがなかったら
   「できた」喜びは生まれない

37. 人生で恐れることは実は何もなくて学ぶことがあるだけ

38. 「築いた者」より「気づいた者」が成長する

39. ただしい人生から、たのしい人生へ

40. いつかやるではなく今できることからやる

41. 現実は外の世界で起こっているのではなく
   心が創り出している

42. 「幸」「不幸」は存在しない
   その人の心決めているだけ

43. 答えはすべて自分の中にある

44. すべてはうまくいっている

引用元:
著名(大樹/幸せはいつも今ここにある)

http://healthbeautyadult.sblo.jp/article/183255467.html

カギセンター片平のホームページはこちら…☆


■ 金庫・カギの取替・修理・開錠他、防犯装置設置販売
 ■ ドア・サッシ・エクステリアの修理施工
■ 表札・印鑑・ゴム印・コンピュータ彫刻・看板

6B428C36-3962-4371-9342-4D3AD68A829C

(Facebook)


11月の割に暖かいと思っていましたが、だんだん朝夕は寒さを感じるようになってきました。
外に出れば、クリスマス用品やおせちの予約も始まっています。
気ぜわしい感じがしてきて、そういった商品を眺めながら「もう少し先でもいいのに…」なんて思ってしまいます。
でも、あっという間ですからね。

昨夜もサザエさんで、年賀ハガキを書く…なんて話をしていました。
ああ、私もやらなきゃなぁ…😃

今年もあと50日あまり…
風邪などひかないようにお過ごしくださいね。
 


カギセンター片平のホームページはこちら…☆


■ 金庫・カギの取替・修理・開錠他、防犯装置設置販売
 ■ ドア・サッシ・エクステリアの修理施工
■ 表札・印鑑・ゴム印・コンピュータ彫刻・看板

32D723D6-D3B1-4AEF-85E2-67C4F9652BAB




このページのトップヘ