カギセンター片平のホームページはこちら…☆


■ 金庫・カギの取替・修理・開錠他、防犯装置設置販売
 ■ ドア・サッシ・エクステリアの修理施工
■ 表札・印鑑・ゴム印・コンピュータ彫刻・看板

2A4F2C1E-354A-4BB8-B7A9-56E23AEA2ADD




今日はある若い先生のお話です。


ある学校で若い先生が校長先生にこんなことを言われたそうです。

「君のクラスの生徒一人一人の長所を教えてくれないか?」

その先生は、生徒の名前は覚えていましたが長所はなかなか言えませんでした。

「では、短所は?」

と聞かれるとスラスラ答えることができといいます。

校長先生は、
「行動が遅いのは落ち着いているとは言えまいか。あわてものは機敏な子とは言えまいか。欠点、短所にだけ目を向けるのでなく、お互いの長所、美点を見るように努めようではないか」
と、その先生に仰ったそうです。

その先生も教育とは無限の可能性を引き出すこと…言葉ではわかっていたつもりでしたが、自分の思い上がりに気がついたといいます。

どんな心(視点)で子供達を見ていくことが大切かということですね。

自分のものさしで、この子は行動が遅い、この子は慌て者…この子は…この子は…とマイナスのイメージで決めてしまうのは何か違う気がしますよね。
遅い子がいても、慌て者がいても個性だからいいと思います。仮にそのことが周りに欠点だと思われても、それと同じくらい?それ以上の長所を誰でも持っていると思うんです。

世の中のには、長所だけの人もいないし、短所だけの人もいない。
みんなが両方を合わせ持っているんだと私は思っています。

自分が周りの人を見るときに、相手の長所を見る目を持っているか、短所を見る目を持っているかの違いだと思います。
自分がどういう目を持って見ているか、どういう器で相手を判断しているか?だと思います。

特に子供に対してはマイナスのイメージで決めてしまわないように、いいところを伸ばしていくことができるように見ていくことが、子供の持っている可能性を伸ばすことにつながると思います。


カギセンター片平のホームページはこちら…☆


■ 金庫・カギの取替・修理・開錠他、防犯装置設置販売
 ■ ドア・サッシ・エクステリアの修理施工
■ 表札・印鑑・ゴム印・コンピュータ彫刻・看板


32D723D6-D3B1-4AEF-85E2-67C4F9652BAB